みやぎの漁師便

みやぎの魚 入江に守られ 暖流と寒流が交わる 良質な漁場で培ってきた 漁師たちの技術と誇り

1

肉厚と食感の良さで
選ぶなら、ワカメは
やっぱり宮城産。

複雑に入り組んだ湾が多く、波も静かな宮城県の沿岸では、ワカメの養殖も盛んです。昭和31年に、採苗の量産に成功したことによって、女川町小乗浜で養殖が始まりました。その後、養殖施設の数も沖合に向けて年々増え、現在では金華山以北の沿岸では、ワカメが主要種目になっています。気仙沼、南三陸、石巻など産地は各地にありますが、特に三陸産のワカメの品質の良さはトップクラス。一等級ワカメの代名詞になっています。

  • 新鮮で滋味深いホヤ、栄養素豊かなノリ。宮城の海の贈り物。
  • 新鮮で滋味深いホヤ、栄養素豊かなノリ。宮城の海の贈り物。

肉厚と食感の良さで選ぶなら、ワカメはやっぱり宮城産。

2

新鮮で滋味深いホヤ、
栄養豊かな
「みちのく寒流のり」。
宮城の海の贈り物。

金華山から北の沿岸部で採苗される宮城県のホヤは、3年から4年の歳月をかけてじっくりと養殖されています。別名「海のパイナップル」とも呼ばれ、収穫は初春から夏にかけて行われます。旬の夏は、刺身や酢の物で食べるのがホヤの美味しさを堪能できる一番の料理法です。
また、すでに江戸時代に気仙沼で始められていたのがノリの養殖です。その手法は県中部や南部にも伝わり、昭和30年代には人工種苗と養殖技術の進歩によって、外洋でもノリの養殖ができるようになり、生産量も急増しました。

  • 新鮮で滋味深いホヤ、栄養豊かな「みちのく寒流のり」。宮城の海の贈り物。
  • 新鮮で滋味深いホヤ、栄養豊かな「みちのく寒流のり」。宮城の海の贈り物。

新鮮で滋味深いホヤ、栄養豊かな「みちのく寒流のり」。宮城の海の贈り物。

3

漁師・料理人からのメッセージ

Message

宮城県漁業協同組合 志津川支所
戸倉出張所 ワカメ部会
及川 吉郎

葉っぱの部分が波に揉まれて鍛えられ、しっかりと歯ごたえのある肉厚なワカメが育つのですね。約3ヶ月かけて立派に育ったワカメをウインチで引っ張り上げるのは重労働ですが、収穫の喜びはまたひとしおです。
スーパーで「南三陸産」と記されたワカメをぜひ召し上がってみてください。風味と食感が絶対に違いますよ。

漁師・料理人からのメッセージ

Message

宮城県漁業協同組合 七ヶ浜支所
支所長
佐々木 一仙

実はある程度の雨や風がある方が海に養分が行き渡って、海苔の生育には良いんです。宮城の海は海苔にとってとても恵まれた海というわけです。
また、私たちは現在、震災後に再建した養殖施設を共同で使用してします。設備の整った環境で海苔を養殖できるようになり、さらに品質の揃った上質な海苔を提供できるようになりました。品質の良い海苔の中でも特に、冷凍一番摘みの海苔を皆様にお届けしています。

漁師・料理人からのメッセージ

Message

宮城県漁業協同組合 志津川支所
 
後藤 清広

南三陸名物のホヤは、肉質もよく肉厚で、歯触りの良さが旨さのポイントでしょうね。戸倉の漁港では、ホヤに携わっている漁師たちは52名ほど。
3年以上かけてじっくり育てたホヤの旬は7月から8月にかけての夏。この時期になるとホヤの風味が増してくるんですよ。早朝の5時頃に朝獲りしたホヤを出荷していますが、その新鮮な刺身はやみつきになります。蒸したホヤもいいし、キムチと和えたり、塩辛にしたり、いろいろなホヤ料理も味わってほしいですね。

漁師・料理人からのメッセージ

Message

塩釜蒲鉾連合商工業協同組合 理事長
株式会社阿部善商店 代表取締役社長阿部 善久

塩釜はかまぼこの原料となるスケソウダラが近海でたくさん獲れた歴史があり、水産加工が盛んな土地です。
家庭で作るつみれと共に、かまぼこは昔から身近な存在でした。最近では、若い世代向けに、チーズフォンデュや、揚げて蜂蜜と共にワインと…、などの食べ方も提案しています。
もちろん、そのまま手軽に食べられるのもかまぼこの魅力。味にこだわった私たちのかまぼこをぜひ食べてもらいたいですね。

4

ワカメ

ワカメ

首都圏でも「三陸産」といえば知る人ぞ知るブランドワカメ。肉厚でしっかりした歯ごたえと磯の風味が感じられるフレッシュさを生かし、サラダやお浸し、酢の物などのほか、味噌汁やお吸い物など様々な料理に使える食材です。

マボヤ

マボヤ

新鮮さが命のホヤは、刺身や蒸し料理がおすすめ。旬の夏は、身に含まれるグリコーゲンが、冬の8倍にも増える。

かまぼこ

かまぼこ

白身魚のすり身を材料にした加工品。蒸しかまぼこ、焼きかまぼこ、揚げかまぼこもある。塩釜は昔からかまぼこの一大産地。

ノリ

ノリ

宮城県は国内のノリ養殖の北限。その名は「みちのく寒流のり」。ビタミンやミネラル、カロチンが豊富。

タコ

世界の水揚げ量の6割は、日本が消費しているタコ。南三陸産は、歯ごたえとジューシーな食感で好まれている。

タコ

参加申込はこちら

DEALING